お子さまの診療

小児歯科・U15

当院では15歳以下のお子さんをUnder15と呼び、小児歯科の対象としております。

歯が生えてくるのは生後6か月前後と言われており、2歳半ころ乳歯が生えそろいます。
6歳前後で永久歯との生え変わりが始まり、第1大臼歯(6歳臼歯)が生え始めます。
12歳ごろすべての歯が永久歯に生え変わり、第2大臼歯(12歳臼歯)が生えてきます。
歯の生える時期は、あくまで目安で、個人差があります。

そう、お口の中は、歯の生え方だけでも個人差が大きく、目まぐるしく変わっていきます。
当院では1年に一回、お口の中の写真を撮影しております。
定期的に記録を残すことで、その後の成長の予測を立てやすくなるのです。
必要であればレントゲン写真撮影も行います。
毎年写真を撮るたびに成長がわかるので、喜ばれています。

15歳以下は体の成長はもちろん、心の成長も目まぐるしい時期です。
一人ひとりの発達や、個性に合わせて、お口の健康の大切さを理解してもらい、
自分のお口のお手入れ方法を、身に着けていきます。

当院の歯科メンテナンスでは

むし歯予防
歯周病予防

そして
歯並び予防 にも取り組んでいます。

自立していく子どもたちを見守る小児歯科でありたいと考えています。

・・・とはいえ、4歳以下のお子さんに言って聞かせるのは難しい面もあります。
まずは来ていただいて、歯医者さんは怖くない、ダイセー歯科クリニックは楽しいところだと知ってもらうことから始めています。
診療時間より少し早めに来ていただいて、小児待合室で遊んだり、
診療台の上にモニターを設置しているので、診療中に好きなDVDを見ることができます。
診療後にはお楽しみのガチャガチャができる!と、楽しみに通院しているお子さんがたくさんいらっしゃいます♪

こどものはならび治療

当院は、副院長が こどもの歯並び治療を行っております。

MFT(口腔周囲筋機能訓練)・姿勢指導を中心とした機能矯正
ムーシールド・プレオルソ・T4Kなどを用いることがあります

マウスピース矯正
インビザライン・ASOアライナー

マルチブラケット矯正
生体にやさしいKBTブラケット

萌出を助ける矯正(開窓・けん引術)
なかなか歯が生えてこないときに、骨から引っ張り出して、噛めるように並べる治療です

お子様の状態(成長・発達・性格・生活)に適した治療法をご提案いたします。
詳しくはお問合せください。

おとなのはならび治療

おとなの歯並び治療は、矯正歯科専門医の指導・監修のもと、副院長が担当いたします。

マウスピース矯正
インビザライン・ASOアライナー

マルチブラケット矯正

部分矯正
一番奥の歯が倒れている場合、その歯だけ起こす矯正治療を行うことがあります。
また、被せものを入れる前に、適切な噛み合わせに改善するために、部分的な矯正歯科治療を行うことがあります。